デザインの仕事で「アパレルショップ店長」をしている相沢万里香さんが仕事の魅力などを解説する。|デザイナー求人@DEEP

デザインの仕事で「アパレルショップ店長」をしている相沢万里香さんが仕事の魅力などを解説する。



相沢万里香さんのお仕事に密着!

デザイナー求人@DEEPでは、アパレルショップ店長:相沢万里香さんに密着し、デザインというお仕事のやりがいについて取材いたしました。

どういった製品を作っているの?

アパレルで販売のお仕事につくと、やはり最終形としてアパレルショップ店長を目指されると思います。通常店舗の販売やそれに伴う取りまとめの仕事の他に、展示会への参加があり、これが一番楽しいお仕事だと言えるのではないでしょうか。

どういったお客様に向けて発信してるの?

ショップを訪れるお客様に対し、一早く旬の情報をお届けできるよう、展示会にて最新の情報と商品を仕入れ、発信するお仕事です。

仕事に携わる人数は?

一般的にひとつの店舗にいる販売店員さんは数名、アパレルショップ店長一人ですね。店舗の規模によっては、店長補佐がもう一人いる場合もあります。

相沢万里香さんに密着!

どうしてこの仕事をしようと思ったのですか?

最初は販売員として働いていました。しかし、当時の店長さんがすごく出来る方でかっこよく、私もああなりたいと思ったことがきっかけですね。

この仕事をしていて感じる壁とは?

店長と言う職種は、「なりたい」と願ってなれるものではありません。特に資格など必要ではない分、経験を積み、周りに認められ、その後についてくる。そんな職業なのです。とはいえ、私の場合はコミュニケーション技術を学び、簿記資格を取り、取得した際にはきちんと本社へ報告し、ルートを自分で作り上げることに尽力はしていました。

この仕事で感じたやりがいとは?

展示会で出かけた際、一早く業界の情報を得られることにすごくやりがいを感じます。この業界にいて、流行の最先端に自分が立っていると感じることほど名誉なことはありませんから。また、全国の他の店長さんと話す機会を得られることも嬉しいですね。

この仕事を目指している方へメッセージ

資格が無いからこそ、自分の努力や成果を周りに認めてもらう必要があります。自分ががんばっている事は、迷わずに発信して下さい。それが回りまわって店長と言う座を持ってきてくれることに繋がるかもしれないのですから。

関連記事