デザイナー求人@DEEP

ようこそ、デザイナー@Deepへ。

このサイトでは、デザイナーのお仕事に密着し、どういった人がその仕事をしていてどんな魅力があるのかを伝えるとともに、現在その仕事をしている人に対して、よりリアル充実をしていただくための情報などを提供しています。 近年デザインの仕事というのは多くなってきています。昔までは、「モノ」をデザインするだけだったのですが近年では「人」や「人生」までもをデザインするような仕事が多くなってきました。極端にこの「人生」をデザインする仕事を見てみると、ライフデザインという仕事があります。こうしたデザイン業界の仕事というのは、非常に現在人気になっており、幼稚園で8人に2人は将来の夢でデザイン系の仕事をあげています。 こうした背景にあるのは、ドラマなどの影響もあるのかもしれません。しかしながら、実際ドラマのような仕事だけで仕事ができるわけではありません。なぜなら、そこに多くの課題や難関な壁が立ちふさがり、行く手を阻んだりします。そうしたことを知らずに応募すると「思ってたのと違ってた」などの現象に陥り、自分自身が嫌になってくるようになります。そうしたことを防ぐためにも興味がある方はぜひこちらのサイトで学ぶ事をオススメいたします。

デザイナー志望の方に役立つ情報

さて、先ほど、デザイナー志望の方にかなり厳しいことを言ってしまいましたが、実際その壁の向こうにはやりがいというものはたくさんあります。でないと、誰もデザインの仕事なんてしようと思わなくなりますからね。仕事をしていて充実することもここでは紹介していきますよ。そして、そうした情報を見て「この仕事したい!」という気になった方に対して、私達がおすすめする転職/求人情報なら職場見学ができる求人サイトのディーナビサイトから情報を引き抜き掲載している求人を出している企業を紹介していきます。こうした情報を加えて、デザイン業界のすべてを盛り上げていければと私達は考えています。

新着情報

仕事について

一言に「デザイナー」と言っても、webデザインや看板デザイン、インテリアから建築物まで、その種類は実に多岐にわたります。そうした情報を各職種に向き合って紹介していきます。ぜひともこちらを見ていただきデザイナーの仕事を見てください。もしかすると、自分に向いていると思うことがあるかもしれません。

道具について

デザインするものが違えば、当然使用する道具も違ってきます。ここでは、そのデザインの仕事ならではの道具を紹介していきます。そうした道具を知ることで、実際に面接や応募書類を記載する際にためになることがあるのかもしれません。

資格について

「デザイナー」と言ってもこれだけの種類があるのですから、必要となる資格も当然違ってきます。中には建築士のように、必須の資格があるものもあります。そうした情報を事細かに紹介していきましょう。

求人情報

デザイン関連の求人を集めてみました。デザイナー志望の方は参考にしてみてください。現在飲食店と同じように、デザイン業界の求人も「出しても人が集まらない」という状態になっているようです。ですので応募すると案外未経験でも仕事ができるかもしれませんよ♪