デザインの仕事で「バイヤー」をしている城田楓さんが仕事の魅力などを解説する。|デザイナー求人@DEEP

デザインの仕事で「バイヤー」をしている城田楓さんが仕事の魅力などを解説する。



城田楓さんのお仕事に密着!

デザイナー求人@DEEPでは、バイヤー:城田楓さんに密着し、デザインというお仕事のやりがいについて取材いたしました。

どういった製品を作っているの?

バイヤーとは、メーカーや問屋で商品そのものや、商品を作るためのパーツを調達するお仕事です。

どういったお客様に向けて発信してるの?

ターゲット層に合わせ、あらかじめ先回りで必要と思われるパーツを入手しておくこともありますし、デザイナーさんの希望から、できるだけ近い商品を探し出す場合もあります。

仕事に携わる人数は?

バイヤー自体は、会社内に数人おりますが、それぞれが別の仕事を受け持っておりますので、作業自体は単独プレーですね。

城田楓さんに密着!

どうしてこの仕事をしようと思ったのですか?

やはり、バイヤーはアパレル業界においては花形の職業ですから!派手なことが大好きなので、アパレルでの就職が決まった時、自分から志願しました。

この仕事をしていて感じる壁とは?

やはり経験数でしょうか。ひとつと思われる商品でも、サイズがありカラーがあり、多くの種類がありますので、その中から選び出す力が必要です。また数量についても、どの程度か目測を付けるのは自分自身です。それらはやはり経験が重要で、勉強をして補えることではありません。何度も経験し、失敗し、その中で的中率を上げていくしかないなと感じています。

この仕事で感じたやりがいとは?

自分が仕入れた商品をデザイナーさんが喜んでくれた時、また、その商品を使った製品がヒットし売り切れてしまった時などは、今までの辛さや苦労がすべて吹き飛びますね。

この仕事を目指している方へメッセージ

商品を見る目を養うことが第一に重要なことです。アパレルでの販売や営業の経験が大きくモノを言う仕事です。学生時代に何かバイトを経験するのであればアパレル販売を迷わず選択してください。そこで得た知識や感覚は、バイヤーにとって必ず宝物となりますから。

関連記事