ソーイング用トルソーとはどこで使うものなのだろう。|デザイナー求人@DEEP

ソーイング用トルソーとはどこで使うものなのだろう。



デザイナー求人@DEEPでは、デザイナーさんの使うソーイング用トルソーとは何なのかについて調べてみました。

ソーイング用トルソー

マネキンとトルソーは似ていて異なる物です。マネキンは頭からつま先まで全部がついているボディ型のこと。トルソーは、おもに首下から膝より上の部分までのボディ型となります。

何のための道具なの?

洋裁の作業用のためのアイテムです。ディスプレー用とは異なり針などのピンが刺せ、作業性が高く、服飾向きとなっております。ディスプレー用でも代用は可能ではありますが、作業の効率を考えるとこちらをきちんと用意された方がいいと思います。また、サイズにより正確性・シビアさを要求されるプロの現場においては、必須のアイテムです。

どうやって使うの?

裁断した布を直接当て、形作り、縫っていくための道具です。完成した作品を着せ、その上でアイロンをかけることも可能です。

どこで売ってるの?

トルソーの専門店がありますので、そこで購入するのがベストです。最近では、輸入品や安価なトルソーが多々出回っており、ネットオークションなどでも見かけるようになってきましたが、中には粗悪品もあります。トルソー自体が不良品であれば、作品はもちろん大きな影響を受けてしまいます。出来るだけスタイルの美しいトルソーを選んでください。

値段とかはいくらするものなの?

40000円程度は見積もっておいた方が、きちんとしたトルソーを手に入れられると思います。

ソーイング用トルソーを使っている人の意見。町田芽衣子さんの意見。

以前はお金が無かったのでディスプレイ用で代用していたのですが、不便さが際立ち、作業効率も悪いと感じたことから思い切って購入。かなり痛い出費となりましたが、実際に使ってみると使いやすく、効率も格段にアップし、完成した作品の状態も大変良くなりましたので、やはりこれは必需品なんだと感じています。

このソーイング用トルソーについてどう思いますか?

私の夢を叶えてくれる魔法のボディです!

町田芽衣子さんの紹介

服飾系専門学校に通う学生さんです。お休みの日は服飾の企業にてバイトをし、お休みなく技術を磨くがんばり屋さん。最近では学校の代表として海外留学も果たし、将来有望なデザイナーの卵です。

道具名を取り扱っているお店紹介。

お店名

マネキン・ドット・コム

アクセス方法:東京都足立区

店長より挨拶:当社はトルソー専門で創業50年の老舗でがんばっております。安かろう悪かろうのトルソーはございません。全てが品質第一の上質なトルソーばかり。トルソーの出来が、衣類の完成度を大きく左右させてしまいますので、デザイナーさんの手助けとなるようなトルソーのみを責任を持って、販売しております。ご希望の方には、オーダーメイドでのトルソーもご用意。また、アウトレットトルソーもあり、安価にてご提供可能ですよ。

関連記事