へらとはどこで使うものなのだろう。|デザイナー求人@DEEP

へらとはどこで使うものなのだろう。



へら

何のための道具なの?

へらは、へら台と一緒に使用するツールです。簡易版のアイロンのようなもの、と思っていれば間違いはありません。アイロンのような強い型はつきませんが、その時だけ……といった時に重宝します。

どうやって使うの?

へら台に布をのせ、へらでしごくことで型がつきます。いつまでも残るような型ではありません。

どこで売ってるの?

手芸店であれば、どこででも販売されているかと思います。ソーイングセットの中にあることも。

値段とかはいくらするものなの?

牛骨製であれば400円程度、プラスチック製であれば200円程度ですね。

へらを使っている人の意見。【春日都】さんの意見。

着物地は、とても長いです。裁断も型つけも、縫製も、長い直線の作業となりますので、専用の品物はやはり必需品ですね。他の物で代用……というのは、なかなか難しいように思います。

このへらについてどう思いますか?

私は、最初プラスチックを使用していましたが、牛骨の使い心地にほれ込み、買い替えました!

【春日都】さんの紹介

和裁学校を開校しています。自宅教室ながら、数多くの生徒さんを抱え、がんばってています。

へらを取り扱っているお店を紹介。

お店名:和裁やドットコム

店長より挨拶:へらは、ちょっとしたツールですし、お値段もお安いものなのですが、これが有ると無いでは、作業は大違い!本当に必需品と言えるものです。また、プラスチック製と牛骨製の違いなのですが、これは好みに大きく左右されるようですね。値段の違いは倍ほども変わりますが、安くても、プラスチックが使い良いと愛用されているプロの和裁デザイナーも多いです。へらについては、以前、デザイナー求人@DEEPで記事を書かせてもらいましたので、そちらを参考にしてみて下さい。

関連記事