竹尺とはどこで使うものなのだろう。|デザイナー求人@DEEP

竹尺とはどこで使うものなのだろう。



竹尺

何のための道具なの?

竹尺とは、竹製の定規です。目が片側に打っている物と、両側に打っている物の二種類ありまして、長さもさまざまある商品です。

どうやって使うの?

もちろん、布を裁断する時など、長さを計る際にも使用するのですが、アイロン台でも重宝するツールです。例えば、長さを計りながらアイロンをする時に、プラスチックの定規を使ってしまうと、上記や熱で曲がってしまうことがあるのです。また、アイロンの跡をしっかりと残したい時、アイロンをかけた上から竹尺で押さえこんでおくことで、適度な重みを与え、不要な蒸気を吸ってくれるなど、大活躍するのです。

どこで売ってるの?

短いタイプであれば、文房具屋さんや100円ショップにも売っているのですが、ある程度の長さになりますと、手芸店でしか手に入りません。

値段とかはいくらするものなの?

2,000円程度ですね。ピンキリではあるのですが、安い商品を買ったからといって、不具合が出るような物でもありませんので、安心してくださいね。大事なことは、長さと、目が片方だけなのか両方についているのか、それだけですね。

竹尺を使っている人の意見。【坂東純】さんの意見。

昔から使われてきたということは、他に代用品が無い!ということでもありますよね。

この竹尺についてどう思いますか?

壊れるものでもないと思いますので、ずっとずっと大事にして、長く使っていきたいと思います。

【坂東純】さんの紹介

長いタイプが欲しかったので、手芸店で購入しました。デザイナー求人@DEEPに、必需品の選び方特集があったので、とても参考になりました。

竹尺を取り扱っているお店を紹介。

お店名:さかえ手芸店

店長より挨拶:「長く利用者に愛される、そんな相棒に出会える店」を目指しています。

関連記事