ピンクッションとはどこで使うものなのだろう。|デザイナー求人@DEEP

ピンクッションとはどこで使うものなのだろう。



ピンクッション

何のための道具なの?

ピンクッションとはマチ針や縫い針を刺すためのクッションです。腕にゴムで固定できるタイプが必須ですね。ボディなどに直接針を打っていく場合、机にピンクッションがあっては作業がはかどりませんので。

どうやって使うの?

クッションを腕にくっつけて使います。クッションではなく、磁石でくっつけるタイプもありますし、自分好みのサイズや布で、手作りされる方も少なくありません。

どこで売ってるの?

手芸店であれば、どこでも手に入ります。手作りするのであれば、家に転がっている程度の材料でサクッと30分もあれば出来てしまいますよ。

値段とかはいくらするものなの?

数百円程度です。

ピンクッションを使っている人の意見。【湯浅美月】さんの意見。

一般的には、机の上において使うピンクッション。それが腕に通して使うと途端にプロっぽくなりますよね。それに憧れて、これは早々に買いました。今では、何個目かの手作り品を使用しています。自分の使いやすいように仕様を変えていけるのが、手作りの良い所なんですよね。

このピンクッションについてどう思いますか?

服飾デザイナーにとって、自分のテンションをあげるためにも、効率をあげるためにも、必需品です。

【湯浅美月】さんの紹介

服飾系の学校で学ぶ学生です。いつの日か、マイレーベルのブランドを立ち上げるのが夢!まだまだ先かもしれないけれど、進む道の先には繋がっていることを信じて!

ピンクッションを取り扱っているお店を紹介。

お店名:マルマ手芸店

店長より挨拶:デザイナー求人@DEEPさんに広告を出させてもらっておりますマルマ手芸店です。多くのピンクッションの他、手芸品は数多く取り揃えておりますので、ぜひお越しくださいね。

関連記事