プロ仕様ディスプレイとはどこで使うものなのだろう。|デザイナー求人@DEEP

プロ仕様ディスプレイとはどこで使うものなのだろう。



プロ仕様ディスプレイ

何のための道具なの?

パソコンを使用してデザインをしている方にとって、プロ仕様ディスプレイは、まさしく必需品。デザイナーで、普通使用のディスプレイを使用している人などいないと思いますよ。

この道具の特徴は?

画面の大きさと解像度の高さですね。ただし、大きくなるほど解像度は落ちてしまいますので、その兼ね合いが重要です。ちなみに解像度は、1920×1200ドットは欲しいところ。それを満たす範囲で大きいものを選ばれるといいかもしれません。

どこで売ってるの?

大きいサイズ・解像度を求めると、通常の電気屋さんでは難しく、パソコン専門店がいいかも思います。

値段とかはいくらするものなの?

90,000円前後ですね。あとは、メーカーや使用感で選ばれるといいかと思います。

プロ仕様ディスプレイを使っている人の意見。【井戸三佐枝】さんの意見。

デザインの仕事では、最終的な確認をディスプレイ上で行うことも少なくなく、やはりそこに妥協は持ちたくないものなのです。とはいえ、価格の他に、解像度やサイズ、目の疲れにくさなど、いろいろな兼ね合いがあり、選び方は難しいと思います。

このプロ仕様ディスプレイについてどう思いますか?

ここから、たくさんの作品を生み出したいですね。

【井戸三佐枝】さんの紹介

自宅で、フリーデザイナーをしています。最近、軌道にのっている感じですね。デザイナー求人@DEEPでマッチングを得て、もっと仕事幅を広げたいです。

プロ仕様ディスプレイを取り扱っているお店を紹介。

お店名:パソコン工房

店長より挨拶:デザインの種類によっても、選択の幅が変わってくるかと思います。作品をいくつか見させてもらいましたら、適したディスプレイを数点、提示させて頂きますよ。

関連記事