デザインの仕事で「イラストレーター」をしている水谷龍二さんが仕事の魅力などを解説する。|デザイナー求人@DEEP

デザインの仕事で「イラストレーター」をしている水谷龍二さんが仕事の魅力などを解説する。



水谷龍二さんのお仕事に密着!

どういった製品を作っているの?

私の仕事はイラストレーターをしています。昨年まで事務所に所属していましたが、今はフリーのイラストレーターをしています。この仕事の意味は広告を作るということです。よりイメージが強く知って頂きたい事をお伝えすることを仕事としています。

 

どういったお客様に向けて発信してるの?

この仕事をしている人の考えにもよりますがイラストレーターの仕事をしている人は依頼主の考えに沿って物を作ります。依頼主が「20代の女性に受けて反響が出るようにしたい」という依頼があればその通りに作成します。

 

仕事に携わる人数は?

この仕事は基本的には1人でするものではありません。1人でしている人がいないという分けではありませんが、いくつかの工程があるので確認をしあいながら作業を進めるので3,4人は必要になります。個人でする人は時間がとてもかかるので1作品の依頼をしてもコストがとても高いので依頼される人をそうそうはいないでしょう。

 

水谷龍二さんに密着!

どうしてこの仕事をしようと思ったのですか?

何かに没頭したいと思っていました。学生の頃には複数人でこの仕事のような事をしていた時期がありましたが夢だけを追いかけずに現実を直視しろと親から言われたので辞めていましたが会社が経営不振で倒産したのでこの気に自分のしたいことをしようと思いイラストレーターを始めました。

 

この仕事をしていて感じる壁とは?

昔とは違い感覚が鈍っている感じが否めません。

関連記事